美容外科の整形手術を利用して美しくなりましょう

豊胸手術の種類や選び方

現在の主流の豊胸手術の方法は3種類あり、
脂肪注入豊胸、シリコンバック豊胸、ヒアルロン酸豊胸になります。
 

 

脂肪注入豊胸は局所麻酔をした後、ご自身の脂肪を吸引して胸に注入します。
脂肪注入豊胸は、最も胸が柔らかく傷も目立たず、
不要な脂肪を使用できるので一石二鳥です。
注入した脂肪の5割程度が定着して半永久的に残ります。

 

ヒアルロン酸豊胸は、2年ほど効果が続く施術方法です。
まず、局所麻酔をおこない少しずつヒアルロン酸を注入します。
手術時間は20分程度で、術後の回復が最も早いです。

 

シリコンバック豊胸は、全身麻酔をし脇の下やアンダーバストなどを切開して
シリコンバックを入れます。
シリコンバック豊胸は、3カップ以上のサイズアップも可能です。
手術時間は1時間程度ですが、術後回復期間が最も長く1カ月は必要です。
一般的に入院の必要はありませんが、
術後数日間続けて通院する必要がある美容外科もあります。

 

豊胸手術の方法を選ぶ際には、優先事項を先に決めてから決定していきます。

 

形や胸の触感を優先させたい方は、脂肪注入豊胸がおすすめです。
なぜなら、他の施術方法よりも1番胸が柔らかく、
注入法なのでバランスを見ながらバスとの形を整えられます。

 

大きさや安定性を優先される方は、シリコンバック豊胸が良いでしょう。
なぜなら、シリコンバック豊胸は他の手術では不可能な
3カップ以上のサイズアップが可能だからです。

 

また、シリコンバッグは身体に吸収されないので安全性が高いです。、

 

手軽さや術後の回復期間を優先させたい方には、
ヒアルロン酸豊胸が最適でしょう。
なぜなら、部分麻酔をして20分程度ヒアルロン酸を胸に注入して
施術が終了するからです。
しかも、翌日から普通の生活が送れます。

豊胸手術を受ける美容外科の選び方

豊胸手術は、通常費用がすべて自己負担で高額となります。

 

また、美容外科の費用設定は同じ施術内容でも
各美容外科で自由に設定されています。
その為、各美容外科で費用設定が大きく異なる場合も多いので、
しっかりと内容と費用を比較検討しましょう。

 

美容外科選びでは、費用の他にも大事なポイントがあります。
それが、医師の選択です。

 

手術する医師の技術によっては、バストの形がいびつになる事や
手術の際に神経を傷つけバストの感覚が麻痺する事があります。

 

また、通常シリコンバックは
脇の下やアンダーバストを少し切開して入れますので傷跡も目立ちませんが、
医師の腕によっては目立つ傷後が残る場合もあります。

 

技術がない医師の脂肪注入豊胸などは、
脂肪吸引部分に凹凸やシワが目立つ場合があります。

 

また有名で施術費用が高い美容外科だからと言って、
容易に安心して信頼しないようにしましょう。

 

美容外科を選択する場合には、
しっかり医師の技術力を施術件数や過去の経歴などで確認する必要があります。

 

インターネットの口コミサイトなどで確認して、
多くの悪い評判がある医師や美容外科は避けたほうが良いかもしれません。

 

 

 

多くの美容外科では、施術前に無料のカウンセリングがおこなわれています。
カウンセリングは複数の美容外科で受け、
美容外科やドクターの雰囲気などをしっかり確認しましょう。

 

また、カウンセリングの説明では豊胸手術のメリットやデメリット、費用などについて
細かく説明してくれる美容外科は信頼できる可能性が高いです。
ご自身が安心して任せられる美容外科を、選ばれる事が1番大事な事です。

 

無料カウンセリングを受けたからといって契約をする必要はありませんので、
即決するのは避けましょう。

更新履歴